会社や部署などのグループ全体で使うメールやスケジュール表・アドレス帳

・掲示板などのツールをグループウェアと言います。

グループ活動を支援するための機能ばかりで、
コミュニケーションの活性化や情報共有を支援し、グループの仕事を効率化してくれるのです。

スケジュール表を見ることでそれぞれの予定がすぐ把握でき、会議の日程調整もスムーズです。

伝えたい内容があればいっせいにメール送信すればよいのです。
無駄な仕事が減り、業務が効率化するのです。

メモを机に残したりということもなくなりあらゆる業務が電子化するので、
ペーパーレスとなりオフィス美化と環境保護にもなるのです。

グループウェア導入方法は、以前は専用ソフトをインストールしなければならず初期投資として大きな費用が発生していました。

しかしながら最近はクラウドを利用したグループウェアが主流です。

アカウントを作成するだけで利用開始でき、初期費用は不要です。
毎日使うものだけに、使いやすさが決め手となります。

便利そうだからとさまざまな機能が含まれているものを導入しても使いこなせません。

まずはメールやアドレス帳などの基本機能だけのもので、
無料のお試し期間を設けているものを選び、実際に試してみましょう。

それから導入する方が失敗が少なくて済みます。グループのさまざまな情報が入っている以上、
データの安全性も重要です。サイバー攻撃や大規模災害への対策がどうなっているのか、
バックアップ体制が取れているかなどチェックしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *