グループウェアはwebサーバを利用したタイプが一般的になってきており、インストールも簡単に行えるように工夫されてきています。

インストールについてはWebサーバ設定後にユーザー環境でインストーラーを動かすだけですが、
事前にMYSQLなどのデータベースの設定が必要なケースもあります。データベースについてはSQLITEなどを利用するケースもあり、
ユーザー数によって変わってくるのが一般的です。グループウェアをインストールした後は各クライアントPCやマックからwebブラウザでアクセスして利用します。

一般的には管理ツールもウェブ化されているので使い勝手が格段に良くなっています。

また、スマートフォン対応も進んでいるのでPCやMac同様にスマートフォンでもほとんどの機能が使えるのが特徴です。

グループウェアではファイル共有機能も利用されることが多くなっていますが、ファイル共有だけではなく、
ビュワーを搭載されていることが増えており、外部ツールを利用せずにWORDやパワーポイントファイルを開けるツールも増えています。

中には編集にも対応してきたいるツールも多く、使い勝手がめざましく進んでいます。

カレンダー機能などの一般的なグループウェアのツールについては外部ツールとの連携が進んでいます。
カレンダー機能などは外部のツールからのデータの取り込みだけではなく、相互に編集できるようになるなど利便性の向上が行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *