グループウェアは、その名が示す通り、業務をグループで行うことをサポートする様々な機能をまとめているツールになります。

グループウェアが開発されたばかりの時期の頃から搭載されている機能が社内のコミュニケーションを活発にする電子メール機能と掲示板の機

能で、情報をグループで共有するのをサポートするファイル共有機能や回覧板の機能など搭載されています。

それ以外にも、オフィスの業務の効率を向上させる機能など、非常に様々なメリットを与えてくれます。

電子メールの機能はオフィスが広いアメリカで開発されています。個室で業務をこなしていることが少なくないため、コミュニケーションを取るときには手紙などでやり取りすることがほとんどという状況でした。

その環境が社内ネットワークやインターネットが発展するにつれて電子メールに進化していったのです。

ですので、電子メールの機能は、日本にあるオフィスは狭いから使用される機会が少ないであろうと、予測されていました。

日本は管理者も一緒に机を隣接させて業務をこなしているのにもかかわらず、電子メールの機能はあっという間に日本の会社にも浸透していきました。

そして、コミュニケーションをとるのに欠かせないツールにまで発展し、今や電子メールのサーバが停止したら業務に支障をきたすほどになっています。

グループウェアの電子メール機能は直接会話するのとは違い、やり取りがデータとして残すことができ、書類を使ってやり取りするより簡単です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *