グループウェアとは、企業内でグループを作り内部の社員などの報告、連絡、相談の「ホウレンソウ」を円滑

に行うことに特化したソフトウェアのことです。普通のSNSとは違い、企業内でのやり取りを行うのに好まれているのは理由があります。

それらをここで説明、紹介していこうと思います。
それではまず、SNSとの大きな違いを説明していきます。

SNSと大きく違うところ、それは「自由度の違い」にあります。

SNSは情報を発信するために作られたソフトウェアですが、
グループウェアの場合は情報を共有するために作られたソフトウェアとなっているため、そういった部分に特化しています。

さらにUI(ユーザーインターフェイス)の良さや無駄なデザインを省いているため見た目もすっきりとしており、
他者の製品とも連携をとることのできるソフトウェアまで存在します。

UIとは、ユーザーの使いやすい機能、ボタン配置などで誰でも気軽に使用できるように考え作られた機能的デザインのことをいいます。

グループウェアをうまく使うことで社内の情報の共有、さらに勤怠管理まで社内の重要事項を容易に行うことができます。

今後IT業界でこれらを使う機会は多くなると思います。
さて、ではこれだけ便利なグループウェアを生活の中にどのように取り入れることができるでしょうか。
特徴は情報の共有が瞬時に行え、互いに管理しやすい、という点に着目すると身近なグループ内での連絡ツールとしてもってこいですね。
重要な連絡、雑談などこのソフト1つで全て行うことができます。

項目ごとにページを分けることもできるので、重要な連絡と雑談がごちゃまぜになることもありません。

企業にとって非常に便利なのがこのグループウェアですが、日常生活でも非常に役にたつと確信しています。
これを機に一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *